2007年09月13日

ジュピター アクセサリー

アクセサリーの中でも、白く上品な輝きを放つ、シルバー・アクセサリー。

 古くから銀は、魔よけや幸運を呼ぶ貴金属として世界中で愛されてきました。


 金属中で一番光の反射率が高く、古く硫化して黒ずんだものでも、磨けば元の輝きを取り戻すところも、古来珍重された理由です。

 光沢仕上げのほか、いぶし銀という、わざわざ黒色がかった深い味わいのある色をつくる銀製法もあり、シルバー・アクセサリーの中でもしぶい大人のイメージを演出します。


 シルバー・アクセサリーの歴史は古く、古代メソポタミア文明のウルの遺跡で、紀元前2600年ごろの宝飾品が見つかっており、金などとともに価値あるものとして扱われてきました。

 古代インドやエジプトでは、ゴールドよりもシルバーの方が価値が高いとみなされていたこともあったとか。


 銀が広まったのは、16〜17世紀ごろ。メキシコでポトシなどの大銀山が発見されたことにより、大量の銀がヨーロッパにもたらされることになりました。そして、アメリカインディアンの種族によって、現在の銀細工技術が始まりました。今では、インディアンジュエリーとして世界的に有名です。部族によって手法が分かれ、ターコイズ(トルコ石)を配したシルバー・アクセサリーなど、力強い味わいがあります。


 シルバー・アクセサリーによく使われる銀は、スターリングシルバー(シルバー925)といいます。銀含有量は92.5%で、強度を持たせるために、銅など他の金属を7.5パーセント含みます。銅のほかに金やパラジウムを入れた、ピンクシルバーというピンク色のシルバーもあります。

 ブリタニア(シルバー950)は、他の金属を5パーセント含み、彫金などハンドメイド・アクセサリーに向きます。

 純銀であるサラ(シルバー1000)は、アクセサリーにはやわらかすぎて、通常は加工に向きません。アクセサリーにするには、通常の5倍以上の手間と技術が必要だそうです。


 一口にシルバーといっても、鉛やニッケルなどを含んだり、メッキされている場合があります。金属アレルギーの方は精度の高いシルバー・アクセサリーを選ぶ必要がありますね。99%純銀に近いものを選ぶとよいでしょう。


 手づくりもできるシルバー・アクセサリー。純銀線という金属の糸を編みこんでつくる純銀クロッシェは、新しいシルバー・アクセサリー技能です。純銀クロッシェ技能認定講座というのもあります。


 見て楽しむ、選ぶ、買う、つくるシルバー・アクセサリー。本物のシルバー・アクセサリーを身につけたら、心はもうセレブですね。



ネット通販可能で、チェーンや革紐、チャーム等のパーツが充実しているお店があっ...
ネット通販可能で、チェーンや革紐、チャーム等のパーツが充実しているお店があったら教えていただけないでしょうか。極細の丸革紐、デザインチェーン、小型のチャーム等のパーツを探しておりますが、なかなか思うようなものが見つかりません。ご存知でしたら、どうぞよろしくお願いいたします。(続きを読む)




《シルバー界の風雲児!【bizarre】ジュピターリング(SRJ-051)》素材 ...
【bizarre】ジュピターリング(SRJ-051)》素材、クオリティ、価格設定!... ジュエリー・腕時計 > ジュエリー・アクセサリー ... ジュエリー・腕時計 ... 全体に透かし彫りで... 新発売♪甘〜いキャンディーのようなシルバーリング キャンディーボール5x2 ...(続きを読む)



posted by アクセサリーについて at 05:14 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。